急にお金が必要になったら

キャッシングする際に、急いでいるときに対応が早くてすぐに貸してくれるところは限られます。

 

WEB申し込みですぐに審査をしてくれるところは、あくまで仮審査なので、その後の本審査で時間がかかるという会社に注意しましょう。

 


各キャッシング会社ごとに、審査の締め切り時間があるので、14時前くらいに申し込むこと、必要書類も事前に用意しておくとスムーズに進みます。

 

無人契約機やWEB申し込みの会社は、
早ければ申し込み当日に銀行口座へ振り込んでくれるので、地方の方でも便利に利用できるのが人気の秘密です。


融資までが早いキャッシング会社はここ!

プロミス   30日間無利息サービスが人気

プロミス

※自動審査可能時間は9:00〜21:00です。

 

プロミスで今すぐ融資

モビット 10秒で結果が分かる!(事前審査)

モビット 詳細はこちら

アイフル 1秒診断が人気

アイフル 詳細はこちら

レイク 5万円以下なら180日間無利息

レイク 詳細はこちら

ネットでキャッシングの申し込みは早い!

 

お金を借りるなら@即日融資の会社がねらい目

キャッシングはインターネットでも申し込みが可能です。

 

最初は一部の業者が採り入れただけでした。が、今ならばだれもが知っているような大手業者ならば、どこでも大丈夫でしょう。

 

 

メリットは当然、とてもお手軽なことです。

 

店舗や無人契約機が近くにない人もいるでしょう。
ネットならば日本全国どこに住んでいても大丈夫です。
また、営業時間も関係ありません。

 

ネットにつながっていパソコンさえあればいいのです。
また、携帯電話やスマートホンでも同じことができます。

 

営業時間も関係ありません。自分の気が向いたときにやればいいのです。

 

当然業者のスタッフの顔を見なくてもいいですし、店舗などに出入りしているところを知人に見られる心配もありません。

 

いくらキャッシングというように言い換えられていても、内容は借金そのものです。あまり知られたくないことですものね。

 

従来は収入を証明するものなど必要な書類は郵送する必要がありました。また、カードの受け取りも郵送でした。

 

が、今では書類はメールでの添付でもOKのところが増えています。

 

もしほとんど問題がない人であれば、審査もほとんどその場で済むぐらい早くなっています。
しかも、カードを受け取るよりも前に、お金を銀行に振り込んでくれるところもあります。

 

つまり申し込んだその日のうちにでも、お金を受け取ることができるようになりました

 

となると、一日二日を急いで金策しなければいけない人でも、十分使えるものになっています。

 

 

キャッシングのいろいろなサービス

 

まず、キャッシングと、銀行などで組むローンとの違いは知っておきましょう。

 

銀行のローンの場合は、最初にお金の使い道が決まっています。
家や車のことが多いでしょう。で、これに対し一回ごとに審査があります。貸してくれる金額もここで決まります。で、後は「毎月いくら、何回」といったように返していきます。

 

一方のキャッシングでは最初にやる審査で「貸し出し上限額がいくら」といったように決まります。

 

これで仮に「100万円」と決まったら、その範囲内で何に使おうか自由です。お金を引き出すのに一回ごとの審査もありません。

 

最初の審査も割と簡単です。最近では多くのところが即日完了します。

 

ただし、貸出金額の上限によって少し審査に必要な書類が違います。50万円以上にしようとすると、
「収入証明」が必要になります。
具体的には給与明細などですね。

 

逆に言えば、貸出金額の上限が50万円以下でいいのならば、収入は問われないということでもあります。
これは当然のことでしょう。貸す方にしても、ちゃんと返してくれそうな人を選びたいですからね。
この審査はそのキャッシング業者がどういった系統の会社であるかによって、厳しさに多少の違いがあります。

 

業者には銀行系、信販系、消費者金融系とあります。

 

もっとも厳しいのが銀行系、逆が消費者金融系。信販系はばらつきがあります。で、審査の厳しいところほど、貸出金利が安い傾向があります。

 

 

できるだけ、銀行系で審査をパスしたいところでしょう。

 

 

 

 

カードローンとキャッシングの返済

 

カードという手段がとられて、引き出しや返済がお手軽になっていても、元々がローンです。
借りることができるかどうかの、審査があり、その金額の上限も決められます。

 

カードローンで借りる金額はどうしても大きなものになってしまいます。
返済方法は、リボルビング払いが一般的です。「リボ」とか「リボ払い」と呼ばれることもあります。
毎月決められた形で支払っていく方式です。
「これって、分割払いと何が違うの?わざわざ聞きなれない言葉を使うことないじゃない」と考える人もいるでしょう。
分割払いであれば、例えば車の代金200万円であれば、その200万円だけがその返済の対象です。

 

が、リボ払いだと、車200万円と旅行費用100万円があると、返済の対象はその両方の300万円になります。また、その返済の途中でも、新しく借りることもあり得ます。

 

あくまで、その時点で残っている貸出金額のトータルが返済の対象です。

 

カードローンでよく採用されているのは、リボ払いの中でも、残高スライドリボルビング方式というものです。

 

その時点の返済残高に応じて、返済額の上限が決まります。つまり、残高が少なくなると、返済額の上限も下がります。

 

 

つまり、順調に返して行くに従って、月々の返済額も小さくなっていきます。
一方のキャッシングは、もともとは、一括払いの返済が普通でした。が、最近は、元利均等方式、元金均等方式といった分割払いも見られるほか、カードローンと同様のリボ払いを採用するところも増えています。

 

 

キャッシングで借りれないのは何が原因?

 

キャッシングを利用するには、最初に業者と契約しなければなりません。この際に審査を受けることになります。つまり、相手から、「お金を貸して大丈夫な人間か」「ちゃんと返済はできそうか」とチェックされるわけです。

 

このチェック項目は、まずは職種、勤務先、年収、家族構成、住んでいるのは持ち家かどうか、といったところです。

 

また、勤続年数や、その家に何年住んでいるかといったことも含まれます。というのは、その人の生活の安定度を見ているのです。「ころころと職業や住所を変える人は、いつ生活状況・経済状況が変わって、返済のも困るようになるかわからない」ということです。

 

また、他社への借り入れ状況もチェックされるでしょう。

 

当然、その額が少ないほどいいのは常識でしょう。が、業者によっては「何社から借り入れしているか」を厳しく見るところもあるようです。たとえ、総額が同じでもたくさんの業者から借り入れしていると、「無計画に借りたのでは」と疑われしまうのです。

 

この借り入れ状況はウソを言ってもすぐにばれます。「信用情報」といって業者間でデータを供給するシステムがあるのです。

 

ウソを申告した場合、そのこと自体がマイナスに働いて、契約を断られる可能性もあるでしょう。

 

また、この信用情報で、他社への返済状況も分かってしまいます。当然、何度も遅れているようならば、大きなマイナスでしょう。

 

また、この審査の厳しさは業者ごとに違います。一般的に貸出金利が低めのところほど、審査は厳しくなります。

 

 

銀行系キャッシングの審査の流れ

 

 

消費者金融系、信販会社系と比べて、返済時の金利が安いのが銀行系のキャッシング・カードローンです。

 

多少の欠点としては、審査に時間かかることぐらいでしょう。

 

借りたお金が金利で膨らむことの怖さを想像するのならば、すこしでも金利の低いところを利用したいものです。

 

が、その時に立ちはだかるのが、銀行系の審査の厳しさです。なんとかこれをクリアしなければなりません。

 

その後の利用状況にもよりますが、年間で数万円やもう1ケタ上の出費を抑えることができるようになるのです。クリアするための手間を惜しんではいけません。

 

で、審査される項目は、職業、年収、勤続年数、現在の借り入れ状況、家族構成、などです。

 

職業は大手企業や公務員が有利です。もちろん、契約社員などよりも正社員です。年収はもちろん多いほどいいでしょう。借り入れているお金は少ないほどいいです。

 

また、今からでは間に合わないかもしれませんが、よそ借り入れの返済も滞りがないようにしておきましょう。

 

申込時にこちらから書類などで申告します。

 

が、ウソはやめておきましょう。また、いい加減に書かないようにしましょう。

 

ばれます。ばれたら、今度は「ウソをついた」ということがマイナスポイントになります。

 

また、借り入れ状況は、相手は完全に把握しています。あなたが同業他社のどこからいくら借りているか、過去に返済を焦げ付かせたことがあるかどうか、といったことが照会できるようなシステムがあります。

 

カードローンとキャッシングの違いは何?

 

元々は別のものでした。が、どちらも色々と引き出し方法・返済方法を多様化した結果、内容的には変わらなくなっています。

 

が、元の性格はいくらか残ってはいます。

 

まず、「カードローン」は、名前の通りに「ローン」から始まっています。

 

ローンは、住宅、車、教育費、海外旅行など、「すぐに全額を用意はできない。が、すぐに手元に欲しい」といった商品やサービスを購入するために貸し付けられるものです。

 

当然、金額は大きくなって、一度では返せないことがほとんどでしょう。ですから、分割払いになり、時間をかけて返していくことになります。

 

お金を借りることができるかどうかの審査は、その商品やサービス一件一件について行われていました。

 

これを「この金額までならば、いつでも何にでも使ってもいいです」とし、引き出し・返済などをATMでも可能にしたのがカードローンです。

 

一方のキャッシングは、本来は「キャッシュ(現金)を手に入れる」ということですから、お金を引き出すことをいいました。

 

「ちょっとした金額が足りない時に、すぐに返す前提で、さっとお金を出してくれる」というのが元々の姿です。返済も翌月の一括払いです。

 

たとえば、クレジットカードにキャッシングのサービスを付けるところが多いのは、この名残でしょう。クレジットが利かないお店ならば、とりあえずキャッシングで引き出したお金で支払いを済ませておけばいいのです。

 

が、今ではこちらも、限度額が大きくなり、分割払いも可能なことが普通になりました。

 

 

 

 

 

更新履歴