サービスでカードキャッシングを比較する

 

 

キャッシングのサービスとは当然、お金を貸してくれることです。

 

で、このもっとも肝心のところのでの比較といえば、なんといっても貸出金利の高い・安いでしょう。

 

かつては出資法に定めた上限の年29.2パーセントぎりぎりの高金利をとる業者がたくさんありました。

 

が、キャッシングにこの出資法を当てはめることに無理があります。今は法律も整備され、はっきりと違法とされています。

 

今は貸金業法に定める上限である年20パーセントの貸出金利の範囲内で、業者らは競争しています。

 

その中で、一般的には、消費者金融系は金利は高め、銀行系は安め、信販系はその中間といった位置づけになっていることが多いようです。

 

中には「無利息キャッシング」といった名称で、貸出金利ゼロのサービスを売り物にしている業者もあります。

 

キャッシング解説のサイトに中にも、「とってもお得ですから、業者選びには参考にしましょう」などとしているところもあります。が、たいていは「最初の一回限り」「期間は30日」といった決まりがあります。

 

これだと、フルに利用しても大した金額の差にはならないでしょう。また、こういった業者の多くは、本来の貸出金利も高めです。そういったことは十分に理解しておきましょう。

 

また、一社だけ、「一か月のうちの一週間ならば金利ゼロ。何回でも可」という業者があります。これも「自分の利用状況にうまく当てはまるかどうか」は考えましょう。

 

そういった条件から外れると、当然のことながら普通通りの貸出金利がかかってきます。