カードローンとキャッシングの融資と返済方法

 

かつてはキャッシングは貸出金額も低く、返済も次の期日での一括払いが当たり前でした。

 

が、だんだん貸出金額の大きい業者も現れるようになり、それに伴って、返済方法も分割やリボ払いなどでできるようになってきました。

 

ですから、今はキャッシングといいってもほとんどカードローンとの違いはないと考えていいでしょう。

 

借り出す方法もたいていはカードの利用が中心です。

 

これでその業者の系列の銀行、あるいはコンビニなどにおいてあるATMをそのカードを使って操作することになります。また、返済も同様です。つまり人の顔を見ることなく済んでしまうのです。

 

もちろん、店舗に行って借りたり、返したりも可能です。が、店舗数とATMの数の差を考えるとほとんどの人がもっぱらATM利用になるでしょう。

 

また、最初に契約する際、業者を選ぶのにもこのATMの数は大事です。

 

というのは、カードローン・キャッシングの場合、貸出金利は日割り計算で掛かってきます。

 

「ATMなどが近くにないから、返済は次に近くを通りかかるついでがあった時にしよう」などと考えていたら、はっきり差が出るぐらいに金利がかかってきます。

 

カードローンなどは一時よりも安くなったとはいえ、今でも結構な高金利なのは忘れないようにしましょう。

 

で、今もっとも一般的に採用されいる返済方法はリボ払いです。

 

これは月々の支払額は一定にして、もし追加の融資を受けたならば、その分、返済回数が増えていくものです。月々の負担の変化がないん分、返済は楽に見えるかもしれません。が、残りの返済額によっては、金利分の負担が大きくもなってきます。